また寝落ちしててガオブログの更新定時0時少し前に目覚めました
でも今日も遅刻ながら頑張って書こうと思います。

冬の間は散歩の時間が短くて朝20分ー昼15分ー夜20分がパターンでした。
なんとなくガオの足腰が弱ったな~と感じるように。
やっと朝晩の凍結の心配がなくなり長めの40分歩いてみました。
全く問題なし
あたくしの散歩は見てる人に「速度早い!!」と言われるほどサッサと歩きます。
運動にならない散歩は意味なしと思ってるのでダラダラ歩きはしません。
1時間コースにチャレンジしても母と妹は50分あたりでペースダウンするのにガオは1時間全く歩くペースが変わらなかったよ。
途中の遊歩道でのガオ君。携帯スマホの方はこちら

この散歩の間あたしはこの後動物病院で先生に伝えることのリハーサルを頭の中でしてた。
Panasonicの空気清浄機のCM見たことあるかな?
ガオの病院が出てて院長先生が出演&ナレーションしてます。
ご覧になった方はわかると思うけど優しさの塊の先生。
なのにオーラが凄くてあたくしいつも緊張して思うように喋れない
だからずっと頭の中でリハ(笑)
遊歩道を出て歩いてたらなんとなくガオを持つ手が「
向かいから歩いてきたお婆ちゃんが「足足がびっこ
見るとガオがストンと座った。前足をピーンと伸ばしてる。
「ガオ!どーしたん?あんよおかしい?」
たまにあるんです。若い頃から数回。
以前病院へ行く直前になって先生に話したけど特に問題なく亜脱臼みたい感じで違和感あるのかな?
右前足を撫でて関節を押すようにして「ほらほら大丈夫」と言うとガオが「違うよ母さん!!こっちこっち!!」と左足をあたしに差し出したの。
「こっちか!!よしよし!!大丈夫大丈夫もう痛くないやろ?」
と撫でてやると「お母さん治った」って表情であたしにスリスリ
その様子を見てたお婆ちゃんが感動して
「あらーーっなんと可愛いちゃんとわかってるね!すごいね!!」
「こう見えても飼い主なので(笑)ね!ガオ
そしてこの後病院へ。
あたしはリハ通り先生にうまく伝えることができました。
「先生、どうしても違和感を覚えます。ガオの場合メンタルなものが色んな不具合をおこすからそれも疑ってみましたが違和感が抜けないのです」
1・2か月前にも同じように伝えた時にあまり気にしてなかった先生。
「そうは言えしっかり検査となると麻酔をしないといけないしそこまでとは思えませんよ」
その時先生はそう言った。
でもあたしあの時どうして「CT撮ってください」と言わなかったのかとずっと後悔してた。
なので今日は絶対に引かないで訴え続けようと今までの違和感を詳しく伝えました。
あたしの訴えを聞いて先生はガオの首をしっかりとチェックします。
「うん・・前回とは違うと思います。検査しましょう」
IMG_7716
分離不安で鳴いてるガオを見て厄介だと思うような飼い主だけどガオの母さんはガオチェックの達人だよ
ガオのことは誰よりもわかる。絶対見逃さない

再発転移の覚悟はこの1年ずっとしてきました。
ガオと同じ状況での最高の生存は600日。
普通は半年以内・・おかげさまでガオはもう440日を超えました。
400日を超えた時にカウントが伸びる喜びよりもこれからはカウントダウンなんだと思うようになりました。
寛解状態と寛解は違う・・気を抜けないと思っていました。
今日のCT。今回ばかりはあたしのざわざわ感が外れて欲しい。
どうか笑い話で終わりますように応援ポチっとしてね。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

毎日書けませんがもう一度ランキングに登録させてもらいます。
応援よろしくお願いいたします。

*覚書*
腫瘍発覚から今日で441日 手術から411日

カウント伸びてます!頑張れガオ!!