昨日ガオくんはちょっとだけ首を切開して細胞を取りました。
腫れた部分の中身はほとんどが血液だったそうです。
そしていくつか取った細胞は白いモケモケしたものでした。
これを病理検査にまわして1月の第2週に結果がわかるそうです。
先生の説明は「いったい何なのかきちんと調べましょう」
それ以外はあたしはあんまりよくわからなかった。
「これは可能性として甲状腺?リンパ腫?何が想像されますか?」
「甲状腺ではないです」
「結果として良い方向ってあり得ますか?あたしの友達の子で唾液腺にばい菌が入って腫れた子は居たけどそれ以外病理やった子はほぼ残念な結果でした」
先生はちょっと笑ってうなずいてました。
「良い物か悪い物かと言う判断はあるかな・・・とは思います。」
「結果が出ました。なんともないですよ~バンザーイって可能性はありますか?」
あたしの質問は単純です。単純なことを知りたい。
「何もありませんでしたバンザーイと言うのは可能性として低いと思います。血液系の腫瘍が疑われると思います」
わかりました。あたしはそれを聞けばそれでけで・・・。
RSER5251
セカンドオピニオンとか県外の大学病院とか効果あると言われるサプリとかそういうものをやるつもりはありません。
あたしはそういうことを調べ始めたらおそらく異常になる。普通ではいられない。
結果が出て治療方針等も良い選択をしてやれないと思う。
昨日一昨日のガオくんと今日のガオ君はまったく同じで元気いっぱい。
おそらく結果が出るまでの期間のガオ君も元気いっぱい。
だから特別扱いもしないしちょっぴりいつもより美味しいものをちょっぴりいつもより多めに与えてイベント三昧の年末年始を楽しく過ごすのだ
そしてガオ君が一番苦手なお留守番のこと・・・婆達と考えていかないといけないと思います。
今のままでは少し悔いが残るからあたしの満足のためにも。
正直昨日は涙目になった時間がありました。でも泣かない、上をむいて我慢しました。
絶対泣かない ・・・・今は本当に大丈夫だから
ここまで書いて「なんともなかったよ~」ってなったら皆で先生に「どーなっとんねん」とツッコみましょう
今日この報告を書いたら年明けの結果が出るまで病気の話はないと思います。
明日からのツアー記は弾けて弾けて弾けまくりますよ
とりあえずポチ子さんと歩調を合わせる写真にて今日は終了

バスツアーは長い長い海岸線をずっと走ります。
IMG_1143
あたしゃもっとさわやかな日本海を見て貰いたかったのですが荒れ狂う日本海的な(汗
それでも二人は「こんなに海岸線が続くところって初めて見た」って喜んでくれました。
途中から能登半島を横切って七尾市に到着。
IMG_7117
あっこちゃんが居てくれたおかげで3ショットを撮ってもらうことができました。
なんとここでバスを降り列車に乗り換え~
この列車は特別な列車であっこちゃんが乗りたがってたの。
婆ちゃんズはとーーーっくにこれに乗ったそうな。
この列車に乗るのもこのツアーの魅力だったのです
サービス満点で列車なのに途中のビュースポットで止まってくれたり・・トンネルの中でサプライズがあったりアテンダントのおばちゃんだったかねーさんだったか(既に覚えてない)が案内してくれたり写真撮ってくれたり。
しかし誰もアテンダントの説明聞いてなくて可哀想だった(笑)
そんな中の様子は明日ポチ子の日記とガオブログのダブルでお届けします。
とりあえず今日ガオ君は分離不安もなくお利口に病院で待っててくれたので『えらいぞ!』って応援ポチっとしてね

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村