昨日の朝は大雨でお散歩は中止でした・・そしてあたしはありえない寝坊(爆)
雨だからと二度寝して目覚めて時間を見て目が点になったし
ここまで寝坊すると開き直ってカフェオレを作って飲む(笑)
ガオはあたしがキッチンにいると飲み物だろうが食べ物だろうが足元に居るw
ひびこは食べ物と確信しないと来ない子=だから気付かなかった。
IMG_4746
どうやら足の調子がとても悪いみたいです。
ご飯の用意の音でやっと出て来たけど反応は薄いしトボトボしてるし右後ろ脚は常に浮いてる。
震えてるしごはんを食べ終わったらまたひきこもる。
寒くて震えてるのか痛くて震えてるのかわからーん
院長先生の勤務表をチェックしてあたしの都合とあわせてみると今日の午前中しかダメだな・・・と言うことで仕事を抜けて病院へ行くことに。
行く前に洋服を脱がせようと思ったら猛犬に変身しちゃってハーネスも抵抗。
抱っこも何もかも嫌みたいであたくし久々にひびこに噛まれまくりました。
ちなみにひびこがこれほど猛犬化するのはすっごく珍しいことです。
そ・・・そんなに触られるのも嫌なのかそんなに痛いのかな(汗
IMG_4751
・・・ん?それにしてもめっちゃ機敏な動きでギャンギャンガウガウしてね?どうしようもなく痛かったらこんなに動けるだろうか・・と疑う。
動物病院では院長先生がお尻を触るとキャン
でも微妙・・・・肛門腺を絞られると思ってキャンって言ってるかも・・とあたしは疑う。
先生も普段治療の前に「お利口さん♪」と触っただけで悲鳴をあげるひびこを知ってるからたぶん「微妙」って思ってたと思う(苦笑)
先週からの経緯をあたしから聞いてひびこの動きを確認して首は軽く否定。
そして下半身と背中のレントゲンを撮影。
去年びっこになった左後ろ足の股関節は相変わらず多少炎症がみられるけど今回浮いてる右の股関節はとっても綺麗。
背骨も腰もとくに異常がない。足の関節なんてすっごく綺麗なんだそうです。
それでも診察の間ずっと右後ろ脚はあがってるわけで何かしら違和感なり痛みなり痺れなりがあるのだろうと思う・・・おそらく痛みだろうなと。
「ひょっとして脊椎炎の可能性があるかな~皮膚から、もしくは膀胱炎とかどこかから菌が入って脊椎に炎症が起きてるのかな・・。さきほどレントゲン撮影の時の動きを見ても首が痛かったらあんな動きは出来ないでしょう」ってことでとりあえず消炎鎮痛剤10日処方で様子を見ることに。
ひびこを車に乗せたままあたしは仕事に戻り13時頃帰宅。
IMG_4756
ガオ君はタオルやらあたしの部屋着やら咥えて家中を走り回ってた形跡。
そして声は枯れ・・疲労困憊ぐったり。
あたしが戻ってきたらソッコー鼾をかいてグーグー寝てました。
病院へ行ったことだし安心してバイトに出かけよー

ところがバイトから戻ってひびこの様子を見て大慌て
相変わらず震えてて・・・しかし昨日の金沢はとても寒かったから寒いだけかも
呼んでも出てこないしガオ君におやつを与えてもサークルの中から覗いてるだけ。
「おいで~~」とおやつを見せたらサークルから出てきたけど動かない。
「おいでおいで~~」と何度も言うと右後ろ脚を一回も着地せずにケンケンでやってきた。
おやつで誘導しても一回も足を着地しません。おやつの反応もビーグルっぽくない。
何よりもブルブル震えててめっちゃテンションが低い。
そしてやっぱり動きたくないオーラで動かない。
時計を見ると診察時間終了1分だったので電話をしたらすぐに連れてくるようにと。
病院へ到着しても抱っこしたまま待ち診察室に呼ばれる。
「先生、朝よりずっと悪くなっちゃって 「少し歩かせてみてください」

ひびこ~~っ
お母さん大恥かいたやんけー


リードを放したら四本足で診察室を逃げ回り先生がリードを持ったら力強く引っ張り
引っ張って踏ん張る後ろ右脚はとっても力強く着地
「お母さん、やっぱりお薬で少し様子をみれば良いかと
診察代は必要ないと言われ「すみませんすみません」と謝って帰宅しました。
IMG_4753
帰宅するとガオ君は発狂しておりました(汗
・・・と書くと「なーんだひびちゃん心配いらないんだね~」と思われがちですがすべてが演技ではないと思います。
安心して帰宅したけど色々とおかしな様子がやっぱり見られます。
相変わらず足はあがったままです。夜の様子は明日に続きます。
お母さん・・・今日はクタクタなので応援ポチっとしてね
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村