ガオひびの前で言い争いとかあったのかしら?・・・って心配されてる方いると思うのですがそれは無いです。
と言うかガオひびの前じゃなくても言い争いはなかったです。
「RIKONを考えてる」って言われて30分ほど話したけど理由すら言ってもらえず「感謝の気持ちがあるうちに別れたい」と綺麗事だけ聞いた。
「いつも言いなりだったけどさすがに今回は『はい了解!』とは言えない」と答えたら「そりゃそうだ。まっそういうことだから・・じゃ俺寝る」・・5分もしないうちに鼾が聞こえた

翌朝はとってもご機嫌でおどけてるTO-さんに「あのぉ・・昨日自分が何を言ったか覚えてる?」と聞いたら「覚えてるよ~」また10分か15分話をしたけど昨晩と同じ感じ。
それ以降話し合いは一回もなかったです。
最初の3か月くらいは回数は減ったけど焼き肉に行ったり回転寿司に行ったり洋服を一緒に買いにいったり・・そうそう誕生日にはディナーも連れて行ってくれたわよ。
楽しく普通に食べてたら突然黙り込んで「俺の中で反省会が始まった・・俺は何がやりたいんだ?」なんて言ってたしね。
だけど感謝の気持ちはどこへ行ったやら誕生日ディナー以降のあたしの辛抱は苛酷の一言だった
理由なんてどうでも良い・・これは別れるしかないと徐々に気持ちが固まり始める。
でもやっぱりガオだけは二人で看取りたい気持ちが残ってた。
半年ほどたって「あの話どうなったの?」って聞いたら「さあ流動的?」・・テキトーな答えに呆れる
一度だけ「やっぱりきちんと話をしようよ」と向き合ったけど5分ほどで「用事がある」と出て行って結局ほとんど話ができなかった。
喧嘩一つしないまま終わった一風変わったRIKON劇だったけど犬とは言え子供達の前で声を荒立てる事がなかったのは良かったと思います。

突然荷物がなくなってガランとした我が家。
マーガリンさんにガランと空いた状態を写メしたら「いくらなんでも空き空きでみっともないから自分のものを並べて」と言われてあたしはすぐに実行した。
一気に女のものだらけになったクローゼットや収納棚に満足
一か月ほどしてフッと気付く・・・
IMG_3915
どうして今までこれに気付かなかったものかあたしったら
いつ出て行ったか日にちがイマイチわかってなかったけどあたしが完全に家を空ける時間を見計らったと言うことはバイトに行ってる4時間の間しかありません。
IMG_3912
足元をチョロチョロしてただろうに・・・それとも寝室を締め切って寝室の窓から車に荷物を運び出したのだろうか・・TO-さんも辛かっただろうな
と思ったけどすぐに「よくもその状況でそんなことできたわね」と考えが変わる
その日に出て行くとわかってたらあたしは子供達を連れ出して見せなかったと思う。
IMG_3922
さすがにTO-さんは泣いたかな~とか思ったりして・・ガオのこと大好きだったもんね。
IMG_3921
それに気づいた時あたしはひびこを抱き上げて「TO-さん、最後くらいは抱っこしてくれた?ぴぃちゃんはぴったりんこしたの?・・・ぐすん」この時はさすがに泣きました。
あとにも先にもTO-さんが出て行ったあとに泣いたのはこの時だけ。
IMG_3918
ペロペロとあたしの涙を舐めてくれたひびこ。
母さんはお前を精一杯愛するからとまた一つ強くなったあたくしだったのでした。

あと2話でいったんおRIKONの話系は終わりにします。
お盆ですがあと2話お付き合いくださいね~応援ポチっとしてね

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村